2008年11月アーカイブ

今年も行って来ました鳥肌実 全国時局講演会「天照大演説」。
http://www.torihada-ticket.com/tour/

昨年と同じ大阪松下IMPホールでしたが、どうでもいいけどこの辺りの寂れようってなんなの。
人がガラガラなのですけども。

鳥肌実チケット、Tシャツ
まあとにかく会場に入って、売店で「玉砕Tシャツ(裏面に『ニイタカヤマノボレ』)」「靖国神社で逢いませうTシャツ」の2着を購入。
いつ着るのかは謎だ。
昨日買ったスカジャンの中に着ようか。

鳥肌実ポスター
さて、会場で登場を待っていると、鳥肌実が侍になっている謎の映像をひとしきり見せつけられた後、
開演と同時にヘビメタのライブ並みの大音響で軍歌が流れる中、日章旗を掲げた鳥肌実が客席の方から颯爽と入場。
その後は、お決まりの創価学会批判ネタへとなだれ込む。
ここ以上やるとネタばれなのでこの辺で。


まあ、いつもの鳥ちゃんでした。
また今度来たら行くぞ。


合掌

「電氣蕎麦」に行ってきた

| コメント(0)

昨夜行って来た近所のアヤシイお店「電氣蕎麦」の件です。
いつも前を通るだびに、気になってはいたのだが入店には至らなかったお店なのです。

入るといきなりリベット打ち付けたような薄暗い通路で、奥まで行くとカウンター席といくつかのテーブル席。
パッと見の雰囲気はお洒落なアート系のバーみたいだが、気になるのは奥のシンセサイザー。
怪しげなリピート音をエンドレスに奏でております。
もうこれだけでワタシのハートは鷲掴み&グシャグシャにされた感じ。
しかし何でしょうか、この異空間は・・・
少年探偵団の電人Mな感じ・・・って分からんか。
シンセサイザーなど

そして、メニューを見ると、フツーのざるそば・・・???
その他、居酒屋メニューとビールに焼酎、カクテルに梅酒という具合。
メニュー、ざるそば

ざるそばは上品な量でしたが、結構美味しい。
この斬新過ぎるコンセプトは一体何かと思い、ヒゲ面の一見怖げだが実は愛想の良いマスターにハナシを聞いてみると、シンセ好きだし、そば作りたかったので、というストレートすぎるお言葉。
内装も、仲間と自作したというから驚き。
客層は30前後の若者から会社員風のオジサマまで意外とフツー。
出来てまだ3ヶ月程らしいのだが、早速シンセ好きらしき常連さんぽい人たちもちらほら。

その後、梅酒やジーマ、何かのコーラ割り諸々飲んで酔っ払い、サラダやサンマの揚げ物などひとしきり食べた後、3時頃お店を出る。
近所にこんな異空間が広がっておったとは・・・
毎日3時までやってるらしいので、毎晩そば食って帰りたい。
ワタシ、持病が無きゃ毎日飲んで帰っておるよ、コレは。

ってか、今夜もコレ書きつつ、行きたくてしょうがない。
今もやってるよね・・・きっと。


合掌