gameの最近の記事

Xbox 360の「コール オブ デューティ ブラックオプス(Call of Duty: Black Ops)」を購入し、さっそくプレイしようとしたところ、Xbox LIVEに接続できなくなっていた
最近ルータを買い換えたが、それの影響?
でも、他のゲームでは繋がっていたような・・・?

色々試してやっと接続できるようになったので、備忘録代わりに記事をアップしておきます。

■具体的な症状
ゲームをプレイするために、マイXboxのプロフィールにサインインしようとしてもXbox LIVEに繋がらない。(プロフィール自体は使用できる)
マルチプレイも利用できない。(インターネットに接続できていない?)
同じLAN上のPCの方は問題なくインターネット接続できている。

■ネットワーク環境
FTTH(NTT西のBフレッツ)
プロバイダは@nifty
BUFFALOのルータ「Air Station WHR-G301N」を使用
有線LAN上にwindowsPCが2台、Xbox360が1台
(光モデム → WHR-G301N → Xbox360)
無線LAN上にwindowsPCが1台

まず、以前書いた記事「Xbox360の「コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア」マルチプレイ中にXbox Liveの接続が切れる件の解決方法」を見ながら、下記手順で固定IPの確認をしてみる。

マイ Xbox ⇒ システム設定 ⇒ ネットワークの設定 ⇒ 有線ネットワーク ⇒ ネットワークの設定 ⇒ 基本設定

確認すると「手動」になっており、「192.168.11.4」に固定化されていた。


次にルータにログインし、IPのリース情報を確認をしてみると、
(WHR-G301Nの場合は、ログインして「Internet/LAN」メニュー内の「DHCPリース」内にある。お持ちのルータの文言に適宜読み替えてください)
「192.168.11.4」で手動に設定されていた。

ん?これでうまくいくはずじゃないの??


マイ Xbox ⇒ システム設定 ⇒ ネットワークの設定 ⇒ 有線ネットワーク ⇒ Xbox LIVE の接続テスト

で接続テストをしてみたところ、下記のようなエラーが。

テスト失敗
設定されている DNS サーバーで、Xbox LIVE サーバー名または Xbox.com が見つかりません

Xbox 360 本体は、ルーターまたはモデムから 自動的に DNS サーバーを取得するように設定されていますが、ルーターが DNS 設定を割り当てていない可能性があります。手動で DNS 設定を割り当ててください。

DNS 設定については、www.xbox.com/networkhelp をご覧ください。

DNS 設定を手動で入力しますか?

テスト失敗画面

手動でやってるつもりなんですけどね。
もう、自動でやってみることにした。

先ほどと同じ手順で、Xboxの「基本設定」画面に入り、設定を「自動」に切り替える。
「ネットワークの設定」を確認すると、IPアドレスが「192.168.11.3」で自動化されていた。

ネットワークの設定 基本設定画面

その後、ルータにログインして先ほどと同じくIPのリース情報を確認をしてみると、「192.168.11.3」で自動割り当てになっていた。

もう一度、接続テストをやってみる。
今度はエラーではなく、違うメッセージが。

接続について
お持ちのルーターのNAT タイプは モデレート です。この NAT タイプでは、オンラインで遊んでいるときに特定のゲーム セッションに参加できなかったり、他の人のボイス(音声)が聞こえなかったりする場合があります。快適にお楽しみいただくためには、NAT タイプがオープンである必要があります

ルーターまたはモデムの電源を一度切ってください。電源を入れ直し、30 秒ほどお待ちください

ルーターまたはモデムを再起動しましたか?

接続について

難しい言葉がいっぱい出てくるが、要はポートを開放しろ、という事らしい。
もう一度ルータにログインし、ポートの設定画面で確認すると、
(WHR-G301Nの場合は、「ゲーム&アプリ」メニュー内の「ポート変換」内にある。お持ちのルータの文言に適宜読み替えてください)
ポートは開放されているが何故か「192.168.11.2」に設定されていた。
これを全て「192.168.11.3」に再設定する。
開放すべきポートは過去のこの記事を参照のこと。
Xbox360の「コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア」マルチプレイ中にXbox Liveの接続が切れる件の解決方法


もう一度「Xbox LIVE の接続テスト」をやってみたところ、今度こそうまくいった!

Xbox LIVE は正常に稼働中です。


これでエラーが出ることは無くなり、正常に繋がるようになりました。

合掌


待ちに待った「Call of Duty Modern Warfare 2」の発売が明日でありますっ!!!
前作のCall of Duty4(外国産のリアルな戦争ゲーム)は究極のFPSで、オンライン対戦もオフラインの一人遊びもド嵌りしたものであります。

このクソ忙しい年末進行の中、ワタクシ仕事の都合を全部つけて明日は休みをとり、朝からゲットしに走って一日「Modern Warfare 2」三昧!
の予定を立てておりました。

待ちきれない思いで、YouTubeにあがっている動画を検索して見てみると…
何故か日本語化された音声が?

うわ・・・これは酷い

ナンデ?
ナンデナンデ??

前作は英語音声の日本語字幕だったよね?
今まで出回ってた映像は字幕だったよね?
ナンデ?

これじゃあガンダムみたいですがな!
世界最高峰のゲームの雰囲気が一気にぶち壊しであります…
アニメ見てるみたいで緊迫感の欠片も無いわ。

同じシーン見比べても一目瞭然やわ。

↓音声が英語


↓日本語…



↓こんなシーンが日本語化されたら興醒めやわ。嗚呼・想像しただけで…




しかし…ロケット弾撃ち込まれたら日本語で「アールピージー!」
って叫ぶんか?
そこはキッチリした発音で「RPG!(対戦車ロケット弾のこと)」って叫んでよ!
(戦場ではコレを撃ち込まれるのが見えたら皆に知らせるために叫ぶことになっている)


日本版の発売元がスクウェア・エニックスらしいけど、それこそ和製RPGでも作っとけよ。
amazonでも批判レビュー殺到しとるがな。
http://www.amazon.co.jp/Call-Duty-Modern-Warfare-%E5%8C%97%E7%B1%B3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2/dp/B00269QLI8/ref=cm_cr_pr_product_top

ライトユーザにも遊んでもらえるようにって配慮だと思うけど、まぢでこれは酷いわ。
これは無いわ。
………やっぱりこれは無いわ。
何回考えてもこれは無いわ。
心を打ち砕かれたわ。


それでも明日は、せっかく休みを取ったのでトリアエズでも日本語版を買わざるを得ないだろう…
後追いでいいから海外版を買いなおそう…



合掌

2010年11月28日追記...
この記事は古くなったので最新のこちらを参照ください。
Xbox 360でXbox LIVEに接続できなくなった件の解決方法再び

以前このブログでも取り上げた事のあるXbox 360のコール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェアに今現在もハマり続けておりますが、オンライン対戦をやっているとかなり頻繁にXbox LIVEとの接続が切れるようになってしまい困っていました。
以前はプレイ中に途切れたりする事はなかったんですが...

で、いろいろ調べた結果、解決方法が見つかったので忘れないうちにアップしておきます。
まず最初に、症状と環境については下記の通り。

■具体的な症状
オンライン対戦中(マルチプレイヤーモード)に「Xbox Liveとの接続が切れました」(文言が一字一句正確かは不明)というようなメッセージが出て接続が切れ、ゲームから離脱させられてしまう。
再び接続し直しても、前回と同じ戦場に復帰できるわけではない。
同じ戦場に接続できても、スコアを引き継げるわけではない。

■ネットワーク環境
FTTH(NTT西のBフレッツ)
BUFFALOのルータ「Broad Station BBR-4MG」を使用
LAN上にwindowsPCが2台、Xbox360が1台
(光モデム → BBR-4MG → Xbox360)



ぐぐっていると、価格.comの中でユーザ同士のこんなやり取りを発見。

価格.com - マイクロソフト Xbox 360 クチコミ 『XBOX LIVEとの接続が切れます』
http://bbs.kakaku.com/bbs/20501510081/SortID=6722073/

スレ主に対して、このような返答が。
切断に関してならxboxのIPを固定設定して、ルータのポートの開放をすれば後は何もないんじゃないかな。


なるほど。Xbox360本体のIPを固定して、ルータのポート開放をすれば良いのか。
という訳で、Xbox360のIP固定方法はこちら参照

IPを固定に出来たら後は肝心のポート開放ですが、Xbox360 でXbox Live に繋がらなくなった→解決というブログ記事を発見。
どうやら、下記ポートを開放すれば良いらしい。
  1. Xbox360 のIP アドレスを固定IP アドレスに設定
  2. 以下のポートへの通信を許可する
    • UDP 1257
    • UDP 1258
    • UDP 1259
    • UDP 88
    • UDP 3074
  3. NAT のテストが「モデレート」 になる場合は、出来れば以下のポートを開けたほうがいいかも
    • UDP 88
    • UDP 3074
    • TCP 3074


ウチのルータはBUFFALOの「Broad Station BBR-4MG」ですが、同じルータをお使いの方はこちらを見てポートを開放してください。
アドレス変換(静的IPマスカレード)の設定方法/ポート開放手順【BBR-4HG、BBR-4MG、BHR-4RV、BLR-TX4M、BLR-TX4S】
http://qa.buffalo.jp/eservice/esupport/consumer/esupport.asp?searchtype=normal&id=BUF5372

他のルータをお使いの方は、それぞれの機種毎の方法で試してみてください。
その他、ルータのファームフェアを最新のものにしておくべきでしょう。



ひとまずこれでゲーム中にXbox Liveの接続が切れることはほとんど無くなりました。

以上、合掌。

ここ一ヶ月ほど猛烈にハマってるXBOX360のコール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア(Call of Duty 4:Modern Warfare)でありますけど、何が凄いかってまずはやっぱりグラフィック。
光と影に、舞い上がる砂塵に、暗闇に飛び交うレーザー照準器、伏せたときに見える雑草に、風に舞う枯れ葉。
部分的に実写と見紛う程のリアルさ、戦場の生々しさ。
AC-130ガンシップからの空中支援のステージでは、地上を動き回る敵兵を一方的に攻撃するんですけど、赤外線TVで見える敵兵の吹き飛ばされる様子が、これまた良心が痛むほどの生々しさ。
(子供にはさせたくないゲームかもね)

この手のゲームでは適当な扱いのオフラインモード(いわゆる一人用キャンペーンモード)がまた凄い。
このモードではイギリス軍のSASか米軍の海兵隊フォースリーコンになって、国際テロ組織相手に各地を転戦していくという有り勝ちなシナリオですが、最初から最後まで映画的演出で盛り上げてくれます。
最初のステージの、船にヘリボーンで乗り込んで突入から、ラストステージまで、一本の良く出来た戦争映画を見てるような感覚に陥ることウケアイ。
2人っきりの潜入作戦やなんかは、もう心底ハラハラで、メタルギア・ソリッドなんぞは霞んでしまうぐらいであります。

また難易度も秀逸で、イージーなら初心者でもそれほど無理なく進めそう。
ステージ中にセーブポイントが複数あるので、忙しい人でも少しずつ進めることが出来そう。


最初は、このオフラインだけで満足してたンですが、ま・せっかくだからと始めたオンラインモード(オンラインでの複数人対戦モード。大体はチームバトル)が更に凄かった。

【1】回数を重ねる毎に経験値が溜まり一定値に達すると次の階級にレベルアップし、階級に応じて新しい武器が支給されたり新しいスキルを身につける。
【2】武器毎に「キル数」「ヘッドショット数」が設定されていて、一定値に達する毎にその武器の新しいオプション装備が支給。(「チャレンジ」での追加装備)
【3】「伏せ撃ち姿勢で敵を30人倒せ」等の条件をクリアする毎に経験値入手。(「チャレンジ」での経験値入手)
【4】入手した武器とスキルを組み合わせてカスタマイズ出来る。

以上の4点で「やり込み甲斐、目標」が出てきてやめるにやめられない、「あと1ゲーム!」「いや、あともう1ゲームでM16のキル数達成!!」という中毒状態になる訳であります。
これはもうホントに最高のミリタリー系FPS(First Person view Shooting/ファーストパーソンビューシューティング)です。
という訳で本当にこんなん書いてる場合じゃないので、また戦場に戻ります。

…ちなみに今の目標はスナイパーライフル・ドラグノフでの100キル達成であります。(あと21キル)


合掌。